【実話】童貞の僕とヤリマンS級美女との出会い系サイト体験談

bijo
(26歳OL:匿名さん)

※当記事は読者さんからの投稿体験談です。

私がまだ学生時代で、お金はないが時間だけは有り余っていた時の話です。当時、私は大学に通いながらバイトをして1人暮らしをしているどこにでもいる学生でした。

がしかし、周りと違う点と言えば、全く女っ気がない所でした。20歳になるまで彼女はおろか、異性ともまともに話をしたこともないような生活をしていました。

そんな私も20歳を過ぎた頃から流石に彼女というか異性ともっと話をしたり遊びたいという感情が芽生え、某SNSサイトを利用するようになったのです。

その某SNSサイトは、プロフィールを設定して、色々な人と絡むことができるサイトでした。そこで私は、ある女性と出会ったのです。

元々、異性と出会う為に始めたはずの某SNSサイトではあったのですが、当然のことながらまともに異性と話をしたことがない私はSNSサイトでも異性とどのように接したら良いのかわからず、ただ得意なゲームをひたすら行うようになっていたのでした。

すると、そのゲーム内で1人の女性(当時26歳)とよくゲームのことで絡むようになっていったのです。最初はゲームの話ばかりしていたのですが、これはチャンスだと思い、私は思い切ってゲーム以外の展開で話を進めていったのです。

すると、彼女もゲーム仲間ということもあり、気さくにメールをしてくれるようになりました。最初は、お互いの好きなゲームの話から普段は何をしているのか、相手は働いていたので、どんな仕事をしているのか等の他愛もない会話を頻回に連絡するようになっていったのです。

サイト内で1か月程連絡をした私は、ある日彼女へ思い切って直接連絡しないかと言ってみた結果、彼女からOKを貰い、それからサイト内ではなく直接連絡をするようになっていったのです。

直接、連絡するようになってからは毎日メールをするようになり、いつの日からか電話もするようになりました。異性が苦手な私でしたが、顔も知らない女性であった為、冗談を言ったり、友達と接するのと同じ様に彼女にも接することができ自然と仲良くなっていったのです。

そんなある日のこと、いつものように電話をしていると、彼女から「今度、ご飯でも食べて話してみようよ」とまさかの誘いがあったのです。

≫続きはこちらをクリック

コメントを残す